トップページへ 自慢の逸品、帯広商店街
新着情報
商店街の最新情報です。
あきねっと
イベント情報
いらっしゃい瓦版
中心部の新しい情報やお買い得情報
帯広の歴史
帯広の昔を写真や商店街の古い地図をご覧ください。
データベース
商店街関連資料の一覧です。
組織概要
リンク集

組織概要

帯広市商店街振興組合連合会の沿革です。

帯広市の沿革と概要

 北海道の東部に位置し、西は日高連峰、北は大雪山系に囲まれた十勝平野 のほぼ中心地、東は札内川、北に十勝川、肥沃な大地と豊かな自然に恵まれ、日本の「食糧基地」とよばれるに相応しい、有数の畑作、酪農地帯で、面積 618.94平方キロメートル、平成21年8月末現在 人口168,605人、世帯数80,318世帯の道東の中核都市です。
 その沿革は、明治16年5月に依田勉三の率いる晩成社の一行が入植、明治26年「下帯広村」と呼ばれ、明治33年分割・明治35年分離して、十勝唯一の町となる。
昭和8年4月1日市政施行。昭和32年川西村、大正村と合併。道央・道東を結ぶ中継地点で、近代的な田園都市として経済・文化・交通の中心を担う発展を遂げ、地方拠点都市の指定を受ける。

組合の沿革

日時 出来事
昭和39年7月25日 帯広市商店街連合会 設立総会
昭和50年4月10日 帯広市商店街振興組合連合会 設立総会
昭和50年4月30日 登記完了
平成 7年7月27日 現在地に事務所移転
平成 8年5月24日 定款全面変更通常総会において議決
平成 8年6月12日 定款全面変更認可
平成 8年6月20日 定款全面変更登記完了
平成20年7月15日 組合法改正により定款全面変更登記完了 
前の記事へ